• エクステリアでの表札

    表札を一工夫しましょう

    エクステリアでの表札についてご紹介したいと思います。エクステリアを考える人は、 自分好みの新しい表札をどうせなら付けたいと思っている人が多くいるでしょう。少し前は、 表札と聞けば木製の物をイメージする方が多かったと思いますが、現在は、サインと呼ばれる ことがあるように、素材とデザインも豊富に用意されて、その人その人の個性を住宅の顔 として表せるようになったのです。ここでは、住宅のイメージに大きく関係する、 表札についてのご紹介になります。

    まず、初めに表札のエクステリアを考えるのであれば、設置する場所や設置方法について、 考えなければなりません。一昔前の日本特有の住宅であれば、門や格子戸の脇、玄関扉の まわりに表札がつけられている事が多く合ったと思います。ですが、現在では、一戸建ての 表札は、玄関のまわりよりも門についている事がとても多くなったのです。 エクステリアの方法にも、何個かの種類があります。例を挙げれば、門の袖や門柱に埋め込む デザインであったり、取り付けるという計画になります。

    そして、表札をインターホンやポストと併用して、設置するというケースもあります。 このようなデザインを考えるために、全てのデザインが統一されたセット物も販売されています。 実際、ポスト自体にサインを組み込む事が出来る物も販売されているのですが、全体的な イメージとしては、とてもシンプルなデザインです。全ての表札を見比べると、現在の表札は、 とてもすっきりとしたデザインのものが増加しているように思います。

メインコンテンツ

どのような印象になるか



そして、門のまわりのインターホンや照明、ポストが全て組み合わせてある形態の表札なども 販売されているのです。
商品の性質によって異なりますが、大体の表札は、デザインを 重要視しながら考えられた、
何個かのパターンから選択することが可能となっています。
そして、エクステリアの計画と同時に検討する事を忘れないでください。
表札を設置する 位置は、一般的に郵便配達者へ知らせるために設置する事が多くあります。
なので、 どのようなデザインのものを選ぶとしても、門扉やフェンス、
カーポートといった目に付く 場所に設置することを考えなければならないのです。 わかりにくい場所に設置すると宅配業者がわからずに、宅配物が来るたびに電話が なりかねません。


そして、設置した後にどのような印象になるのか、
どのような表札をしようするのかといった 事を考えておかなければなりません。もしも表札を手作りしてもらうのであれば、
納期や 全体のデザインとの調和も考えなければなりません。

その際には、業者にきちんとした趣旨を 伝えなければなりません。自分で設置するのであれば、
設置方法をきちんと理解した上で 行いましょう。簡単なようで本格的なものになると慣れていない人には 難しいケースが多いので、初めての人はしっかり勉強してから作るようにしましょうね。ひっかかったところは 自己判断でなくプロに判断をあおぎましょう。