• 照明の利点と特徴を理解する

    エクステリアで照明を設置した際の、特徴と手入れについてご紹介いたします。まず、 エントランスです。エントランスでの照明は、顔を作り、道を作る光とも言われています。 1番人の目に触れ、住宅の顔となるエントランス部分といえます。実際に、家族や来客を 向かいいれる際には、重要な場所となりますよね。その際にも、安心して楽しみながら 玄関まで誘導できればいいと思いませんか。そして、門柱やアプローチには、植栽を演出すると いった効果もあるのです。

    なので、個性的な印象を付けることが出来ます。そして、テラスとバルコニーについてです。 プライベートな空間を共有するための場所となっていて、生活の中では、とても大切な場所と なりますよね。そして、補助的な役割の部屋として、寝転んだり、くつろいだり、庭や夜空を 眺める事が可能となっています。また、天気がいい日には食事や遊び場としても使用する事が 出来るでしょう。そのような豊富な用途に合わせて使用が出来るのです。

    なので、生活に適した光のシーンを求めることが大切になります。そして、メイデンガーデン ですが、庭と調和して照明を着ける事によって、昼と夜の顔が異なる住宅というイメージを 付ける事が可能になります。
    そして、リビングから見る庭は、ライトアップされているようで、 とても広く感じるというメリットもあります。

    そして、照明器具の手入れについてですが、 照明を長い間使用しているとネジが緩むことがあるので、こまめに締め直す必要があります。

メインコンテンツ

補修塗料の使用



そして、傷がついてしまった際には、補修塗料を使用するといいでしょう。
更に、手入れを 行う際には、中性洗剤を使用し、照明器具を綺麗にしましょう。
照明を扱う際には、絶対に 気をつけなければならないことがあります。
まず、照明を揺すったり、乗ったり、
重たい物を 載せてしまうと、形が変わったり、割れてしまったりするので、注意が必要になります。

そして、照明のそばで火を扱わないようにしなければなりません。火災や変形の原因になります。


そして、照明の部分に直接水をかけることは避けてください。故障する原因の1つとなります。
もしもランプの取替えや配線を扱うのであれば、必ず電源を落としたのちにランプが冷めたのを 確認して作業を行ってください。
照明がついている時に、ランプに触れると感電ややけどの 原因となってしまいます。
そして、よく光を出そうとして誤った使用方法をしている方が いるのですが、電球や蛍光灯は、説明書などを良く読んだ上で、
その商品に指定されている ワット数と、適した品種のものを使用しなければなりません。
万が一異なったものを使用すると 照明が過熱されすぎてしまい、事故の原因になってしまいます。 ですので、使用する品種は事前にしっかりと確認して事故を事前回避しましょう。事故が起きてからでは遅すぎですよ。

補修塗料の使用