• 工事と計画

    一期と二期に工事には確認が必要

    ここでは、工事と計画についてご紹介したいと思います。 エクステリアの工事は、大きく 分けると一期工事と二期工事にわける事が出来ます。
    まず、一期工事についてですが、 建築予定地に宅地を作る作業となっています。 そして、盛土や、擁壁、境界線ブロックと いった、建築する前に建物を準備を行う工程の事をいっています。 基本的には、地盤の補強を 行うことは含まれていないようです。ですが、 経由する店舗によって、建設費に含まれている 可能性や、他の店舗を経由しなければ、 建築が不可能だと言われることがあるので、事前の 確認をしなければなりません。

    そして、基本的には、エクステリアの専門化異業者に依頼した方が、 費用を削減できるという 点があるので、ビルダーの中には、 そういったアドバイスを親切に行ってくれる人も居る ようなので、他を経由して依頼する際には、 そういったことも聞いてみるといいでしょう。 そして、二期工事ですが、 建物が完成した後に行う、エクステリア工事の事です。 外回りや建物の事を行っています。
    エクステリア工事といえば、基本的にこれからご紹介する 事を表しています。

    ウッドデッキ、カーポート、テラス、塀、庭、策といった物を表します。
    実際に必要となる 機能を兼ね備え、建物のデザインとの調和を考えながら選ばなければなりません。 この二期工事で家のイメージが決定されるといってもいいでしょう。 たまに二期工事を行わない 家を拝見する事がありますが、綺麗な建物を立てたとしても少し残念な感じに 仕上がっている 事があります。家を建てるのは、建物だけでなく、 全てのことを考えたエクステリアの計画も 大切になるのです。

メインコンテンツ

計画



そして、計画についてですが、エクステリアの工事の計画は、建物の計画と同時に進めたほうが いいでしょう。
「ウッドデッキを付けるスペースがなくなった」「駐車スペースが狭くなった」
「外部配管とメーターの位置で、プランを実行出来なくなった」

といったことになります。
そして、建物の計画段階となった際にエクステリアの完成のイメージが出来ていなければ、 工事の最中にプランを大きく変更する必要が出てきてしまったりするのです。

なので、どこに何を設置するのか、どこに配置するのかといったことを、考えていなければ なりません。そういったことをきちんとデザインできていなければ、これからエクステリアを 行う上で、困った事になるでしょう。のちにデザインに入っていくのですが、 実際にデザインするのは建物が完成したのちで問題ないでしょう。考える部分がかなり多いので、戸惑うと思いますが、プロに人に聞きながら、 その都度考えていってもよいです。一度に完成させなくても、必要なものができたら、その都度そこに 足していく、という方法の方が、後で後悔しないでしょう。ですので、ある程度の余裕スペースというか、後から付け足したり変更を できるスペースの確保も大事です。

計画