f="css/style.css" type="text/css" media="all">
  • 見積書のチェック

    見積書を確認し説明をもらう

    見積書を提示してもらえば、見積書の確認をしっかりしましょう。自宅にエクステリアの 業者を呼び、詳細の設計と現地の調査を行った後に、正式な見積書を提示してもらえます。 ですが、この見積書は、総額がいくらという点しかチェックしないと思います。実際きちんと した見積書を出してもらったのであれば、最低でもこれからご紹介する、チェックを 行わなければならないのです。

    そして、工事予定となっている現地の調査を行う際の見積もりであれば、明確な内容が出て いない可能性もあるのです。ここでは、見積書の内容のチェックする項目について ご紹介いたします。まず、一式という表現についてですが、見積書の中に一式という項目が あることがありますが、それを目にしたのであれば、その際にはきちんと確認しなければ なりません。一式というのは、作業項目が不明確となっている事が原因で、一式という表現を 行っているのです。

    なので、その内容をきちんと説明してもらわなくてはなりません。更に、項目をはっきりと 分けたのちに数量を確実に記入している、見積書であればとても良い見積書でしょう。 そして、図面とデザイン面のチェックをしなければなりません。見積書は、図面やデザインの 案を元にして、全てに必要な費用を計算したのちに清算されるものになっています。 なので、図面やデザイン案での、どの部分が見積書のどの位置にあたるかを確認しなければ なりません。

メインコンテンツ

説明が大切



というのは基本的に、良い見積書は、それぞれの単価が明記されているので、
材料と工事の 費用の項目が別に記載されているのです。なので、このようなことを重点的に考えて、
見積書を 確認しなければなりません。そして、見積書の説明をしたいと思います。
見積書を提出して もらえたのであれば、
絶対に見積書についての詳しい説明をしてもらわなければならない
ことを 先ほどご紹介したと思います。

エクステリアの業者の中には、見積書だけ出してしまえば、詳しい説明がいらないという風に 考えている業者もいます。
実際に、依頼者に見積書だけの提示で、明確な内容を伝えなければ 伝わるはずがないですよね。
あなたが見積書を提示してもらって、少しでも理解出来ない点が あれば、
見積書を受け取った際に早めに詳細を聞いておく必要があります。今ご紹介した2つの 事に着目しながら、
正しい説明を受けることにより、契約後と工事後のトラブルを防ぐことが 可能になるのです。
せっかく工事したのに、問題点が目立ってしまっては、依頼したあなたも、
業者にとっても、デメリットでしかないのです。
このような事態だけは絶対に避けなければならないのです。 デメリットはたくさんありますが、必ず避けなければならないこと、だけはしっかり避けられるよ うに注意しましょう。素人が仕方ないミスは許せますが、構造上、または安全上の問題は素人でも許されないのです。 何かあったときに許されないだけでなく、損害を被るのはご自身なのです。なので、安全面に関しては プロのアドバイスの元で注意して行いましょう。

説明が大切