• エクステリアの構成

    庭と門は大切な部分なので正しい構成を

    エクステリアの構成について、ご紹介いたします。まず、庭のスペースについてです。 使用方法に決まりはありません。「庭」と一言でくくってしまっても、その使用方法や 楽しみ方は個人個人で異なっているでしょう。それは、趣味で使用出来る庭や、野菜を 育てるための庭として、ペットと遊ぶためとして、本当に様々な使用方法があると思います。 ですが、「敷地のスペースがない」「庭は贅沢」と考えている人も、業者に頼まずとも庭を 思う存分に楽しめる方法があるのです。

    どのような風に庭を使用するかを明確にしたのであれば、あとは実行しましょう。あなたの ガーデンライフが始まります。ですが、その際にもっとお洒落にしたいと思ったのであれば、 エクステリアを考えてみるとよいでしょう。そして、バックヤードについてです。 基本的に洗濯物やダストボックス、物置の場所のことです。そして、そこに屋根やテラスを 配置することにより、雨にも慌てずに洗濯物を干せるというものです。 それだけでは普通ですが、もう1つ上のユーティリティーを考えませんか。

    これは家具の部屋や作業室を意味する言葉となっています。日本にはあまり浸透していない 言葉となりますが、通常は室内に設置する部屋のことです。ですが、テラスを設置したと しても、風や雨をしのげるように、また目隠しのパネルを設置し、洗濯物を干した状態で、 家族が必要な物だけしのぐという生活を行いたいと思いませんか。そういった家事が楽に なるエクステリアなのです。そして、門まわりですが、門まわりはエクステリアの中で、 機能面とデザイン面でもとても大切な要素が豊富に含まれています。

メインコンテンツ

デザイン



次に表札やポスト、インターホンなどですね。機能性ももちろん大切になるのですが、
デザインに 工夫を加えると違った印象の住宅になり、大きく変化をつけることが出来るのです。
エクステリアの一番の魅力は、初めから全てを1つしかないデザインに出来るということです。
世界に1つだけのデザインを作り出し、エクステリアであなたの好きなものや色でいっぱいに しませんか。
あなたのデザイン力を形にするチャンスではないでしょうか。
そして、駐車スペースについてです。駐車スペースは多くの面積を使用してしまいます。

なので、そこをコンクリートのみで作ってしまうと何だか間抜けな感じがします。
なので、 タイヤの部分のみを作り、残りを芝生や植物で覆えば、
デザイン力豊かな駐車スペースを 作り上げる事が可能となるのです。

そして、敷地に余裕があるのであれば、形などに工夫して、
車庫を取り付けたりすると庭の雰囲気が大幅に変化を遂げるでしょう。
広い空間を車だけに 使用するのは、少しもったいない気がしていませんか。 スペースを自分に必要なことに使えないか考えるだけでも幅は広がってくるのです。 デッドスペースと呼ばれるほんの少しのスペースも集まれば大きなスペースになるのです。