• インテリアとエクステリア

    インテリアとエクステリアは一目瞭然

    エクステリアの特徴と問題についてご紹介いたします。まず、装飾性についてです。 インテリアと同様に重要とされている部分で、外壁や塀などの建物をデザインして、外からの イメージを変えるものや、造園、植栽、鉢植えといった内部での楽しみを行うためのものなの です。実際にこれは、インテリアにはない特徴となっていて、綺麗な街並みの中で、このような エクステリアを行うことは、とてもイメージアップにつながるということになります。 地域の特徴をイメージしてエクステリアを行うのもとても効果的です。

    そして、次は機能性についてです。エクステリアにデザインが求められていることは先に ご紹介したと思いますが、実際に機能性があることも大切で、機能性はインテリア以上に、 とても高いハードルとなっているのです。
    実際に機能性だけを重視したものは、エクステリアで はないということです。
    デザインと機能性を重視した物がエクステリアなのです。 機能性が必要なのは、自家用車を収納するガレージやカーポート、自宅を守る門扉、外を照らす 外灯などに求められます。そして、次は娯楽性についてです。

    インテリアでの空間は、部屋が必要になりますが、反対にエクステリアを構成している空間は、 主に庭です。庭の空間は機能性と、デザインによって利用する人の娯楽を引き出す効果が大きく 関係しています。庭は、近くにいながら自然を楽しむ事が出来、更に、ガーデニングや 日曜大工を行う場所として、更には日向ぼっこや森林浴といった癒しの効果も期待できる 場所なのです。何に使用するかは、持ち主が思うままに変化させることが可能なのです。 最近は、こういった娯楽性を考えた商品がとても多く出回っていて、現在とても人気が高い テラスやウッドデッキ、更に、それに追加するロッキングチェアやテーブルなどがとても 人気になっています。 このような人気のものを押さえておくのもオシャレですよね。

メインコンテンツ

問題点



そして、坪庭や内庭にも、このような娯楽性が大切になっています。そして、エクステリアには 耐久性があるのか、
という問題点についてご紹介したいと思います。エクステリアは、部屋の 外で行われるものとなっているので、
シックハウス症候群やアレルギーといった健康になること を期待するための工事とはなっていません。
ですが、反対にエクステリアは、日中激しい気温や 気性の変化に関係してしまうので、耐久性が問題視されているのです。

もっとも、直射日光や、昼間の寒暖差、雨、紫外線といったものは、
エクステリアで設置した 建造物の材質やデザインを変化させてしまう原因になる可能性があるのです。なので、
メンテナンスを定期的に行わなければならないのです。
そのまま手付かずにしていると、劣化や 変色、はがれおちるといった現象に見舞われます。 これをそのまま放っておくと、材質の内部にまで劣化が及んでしまって、最悪の場合、取り換えるしか手段がなくなって しまいますので、劣化状態については常にチェックしておく必要があります。この点は最重要ポイントの一つにもなってきますので、しっかり 押さえておきましょう。

問題点