• 基礎工事の欠陥を見分ける力を持つ

    正しいエクステリアが行われていますか?という質問に対して、きちんと答えられる人は、 案外少ないと思います。どうしてかというと、基礎工事の段階では、地面の下までは 見えないからです。全てのエクステリアを終えたとしても、地面を掘り返して確認することは、 不可能なこととなっているのです。エクステリアを行った職人のみが知りうることなのです。 そして、そのような基礎工事が行われていないとどうなるのかについてです。

    結論から言うと建物が傾くか倒壊します。初めの1年から2年は、手抜きの工事で傾く事は なないでしょう。工事を行ったのちに、すぐ傾いたらトラブルになるので、そこらへんは 業者も木を使っているのでしょう。ですが、5年くらい立てば正しい基礎工事が施されて いるかという点を、明確にすることが出来ます。例を挙げれば、ブロック塀などにヒビが 入ってくるでしょう。

    そのヒビの原因は、基礎工事をきちんと行っていなかったなどが考えられます。そして、 カーポートであれば、台風や雪の後にいきなり傾いてしまうでしょう。ですが、基礎工事を きちんと行ってくれる業者であれば、このような惨事を防ぐことは可能です。基礎工事が 正しく行われていないというのは、どのようなことなのでしょうか。原因をご紹介したと 思います。まず、コンクリートの深さが足りていないといった点が考えられます。

    エクステリアの工事で、1番根本的な手抜きの根元となっているのが、基礎となる部分の コンクリートが足りないという点です。そして、深さが足りていなかえれば、最終的には 設置した物が倒れてきてしまいます。コンクリートの支えが甘いので、少しずつ 傾いてくるのです。もう1つ大切になるのは、基礎部分の重さについてです。

    エクステリアの基礎工事
メインコンテンツ

重要なこと



きちんとしたエクステリア工事の中で、1番重要となるのは、基礎工事の部分のコンクリートの 重量です。
基礎を固めるために使用するコンクリートは、重量により、その上に設置するものを 支えなければならないのです。
なので、
基礎部のコンクリートの深さや厚さが不十分であれば、 基礎部分の重さが足りないという解釈になるのです。

なので、その上に設置した物が不安定な 状態になります。では、なぜ正しい基礎工事を行わないのでしょうか。

その理由は、楽であり、コスト面の削減が出来るからという理由があります。
コンクリートの量が済めば、もちろんコストが浮きます。そして、穴を掘る必要がないので、 楽が出来ます。
更に、生コンクリートをこねる量が少なくてすむといったいい加減な理由が あります。
これは、エクステリアの業者や職人が儲けを考えて行っているせいで、 このような事を行っている訳ではないのです。
近年、どのように厳しい条件でも依頼を受ける、
他社よりも安くしよという思考が増えていっている事が原因となっているのです。業者にとっては大変なのですが、 頼む方からすると値段も安く条件を沢山出せるというのは嬉しいことですよね。ですので、頼めることは頼んで やってもらうようにしましょう。変にケチってしまって、トータルで損をしないことも大切です。